体操の世界選手権は24日、北九州市立総合体育館で行われ、種目別決勝の男子跳馬で米倉英信(徳洲会)が14・866点をマークし、銀メダルを獲得した。(共同通信)