サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の候補選手による合宿が24日、千葉市で終了した。就任後初めての合宿に池田太監督は「(始まる)前にイメージしていたことをキャンプで伝えられた。選手も求めているプレーに対して失敗を恐れずトライしてくれた」と満足感を示した。

 サッカー女子日本代表の候補合宿で、競り合う杉田(左)と成宮=千葉市内

 この日は22日の練習試合の内容を踏まえ、ゴールへ向かう意識をより強調してミニゲームを行った。最後は全員がPKを蹴って締めくくった。

 11月には池田監督体制初の海外遠征が控える。今合宿は全員が国内でプレーする選手。海外組の招集については「考えているのは確か」とした。(共同通信)