体操の世界選手権の種目別決勝で女子床運動は村上茉愛(日体ク)が14・066点をマークし、2017年大会以来2度目の世界一に輝いた。(共同通信)