ヤクルトが逃げ切って連敗を3で止めた。四回に村上の適時打で先制。続くサンタナの2点適時打と原の3点二塁打でこの回一挙6点を奪った。原が六回途中まで3失点で3勝目。巨人は3年ぶりにシーズンを負け越して終えた。(共同通信)

 4回、原の3点二塁打で生還し、タッチを交わすヤクルトの(左から)オスナ、西浦、サンタナ。奥左は巨人・戸郷=神宮