人工知能(AI)を活用してひとり親世帯などの子どもの見守りを支援する取り組みを12月から、浦添市社会福祉協議会(久貝宮一会長)などが始める。住宅に取り付けたWi-Fi機器とAIを使い、子どもの帰宅や就寝などの状況を外で働く保護者に知らせる。新型コロナウイルスの影響で収入が減って労働時間を増やさざるを得なくなり、子どもを世話する時間が減った親の不安解消に一役買う。

共同実験に参加する世帯に設置するWi-Fi機器

子どもの見守りに関する協定を結んだ(左から)おきでんCplusCの仲程拓社長、市社協の久貝宮一会長、ジャパンインテグレーションの新田純也社長=15日、浦添市社会福祉センター

共同実験に参加する世帯に設置するWi-Fi機器 子どもの見守りに関する協定を結んだ(左から)おきでんCplusCの仲程拓社長、市社協の久貝宮一会長、ジャパンインテグレーションの新田純也社長=15日、浦添市社会福祉センター

 市社協は技術や機器を提供するおきでんCplusC(仲程拓社長)、ジャパンインテグレーション(新田純也社長)と共同で12月から2022年3月までの4カ月間、実証実験を行う。社協が支援しているひとり親、共働きなどの15世帯が参加する。

 新しい見守りサービスは、室内に置いたWi-Fi機器の発する電波の反射から、子どもの帰宅や外出、室内での活動量、睡眠時の呼吸の状況などを分析。スマートフォンなどの携帯端末を通じ保護者に通知する。実証実験を通じてデータを蓄積することでより正確な分析が可能になる。

 カメラやマイクを使わないため、子どものプライバシーが守られ、不正アクセスなどのリスクも回避できるという。設置するのはWi-Fiルーターと円盤型のセンサーだけ。家庭にネット環境が整い、オンライン授業を受けられるようにもなる。

 市社協の担当者は「子どもたちにとって安心・安全な環境をつくることは子育て世代が安心して仕事に専念できることにつながる。企業や地域と一体になって地域共生社会の実現を目指す」と意義を述べた。

 15日、市社会福祉センターであった実証実験の協定締結式には市社協の久貝会長、おきでんCplusCの仲程社長、ジャパンインテグレーションの新田社長が出席した。

 おきでんCplusCは8月、高齢者見守りに関する実証実験の協定も沖縄市、宜野湾市、豊見城市と結んだ。