精神科病院に入院したことがある人のうち8割が、入院中に隔離や身体拘束などにより苦痛な体験をしているとの調査結果を日本弁護士連合会がまとめた。当事者からは「人として扱われず、人生が変わってしまった」「治療という名目でやりたい放題され、地獄のようだった」などの声が寄せられた。

 日本弁護士連合会が入る弁護士会館=東京・霞が関

 日弁連は「人の尊厳や主体性を奪い、人生を破壊している。被害をなくすため、精神科医療の制度を改革すべきだ」としている。

 調査は昨年6~12月に実施。精神科に入院経験がある各地の1040人に入院中に「悲しい」「つらい」「悔しい」といった体験があったか尋ねると、81%が「ある」と答えた。(共同通信)