【カイロ共同】スーダン軍は25日、ハムドク首相や複数の閣僚らを拘束し、テレビ局とラジオ局を支配下に置いた。軍と民主派が権力を分け合ってきた統治評議会は解体され、全土に非常事態が宣言された。軍が民主派を排除し、実権を掌握したとみられる。情報省は、首相が「軍事クーデター」支持を拒否したため連行されたと発表した。

 25日、スーダンの国営テレビを通じて演説する統治評議会のブルハン議長(スーダンTV提供、AP=共同)

 25日、スーダンの首都ハルツームで、煙が漂う路上に集まる人たち(RASD SUDAN NETWORK提供、ロイター=共同)

 25日、スーダンの国営テレビを通じて演説する統治評議会のブルハン議長(スーダンTV提供、AP=共同)  25日、スーダンの首都ハルツームで、煙が漂う路上に集まる人たち(RASD SUDAN NETWORK提供、ロイター=共同)

 スーダンでは2019年に大規模デモとクーデターでバシル長期政権が崩壊した後、民主化への取り組みが進められたが、2年余りで頓挫した。統治評議会のブルハン議長は、文民政治勢力間の争いが混乱を生んだとして「軍が完全な民政移管を進める」と主張した。(共同通信)