明治グループの製薬会社KMバイオロジクス(熊本市)は25日、開発中の新型コロナウイルスワクチンを3回目接種用に使えるかどうかを調べる臨床試験(治験)を年内に始める方針を発表した。国の承認を得て、来年中の実用化を目指す。

 米ファイザー製やモデルナ製を2回打った人が、KMバイオ製を追加接種した場合の安全性や効果を確かめる。今後、3回目接種の需要が高まるとみられ、国産ワクチンの開発で安定供給につなげる考えだ。

 永里敏秋社長は25日に開いた記者会見で「安全性は非常に高い。来春には試験の結果がまとまる」との見通しを示した。(共同通信)