眦(まなじり)のあたりに鈍い痛みを感じて、航平(こうへい)は目を開けた。カーテンの隙間から明かりが差し込んでいる。  サイドテーブルの時計を確認するとまだ午前九時前だった。この数日は正午近くに起きても寝覚めはよくなかったが、珍しく頭がすっきりと冴(さ)えている。