小笠原諸島の海底火山噴火で発生した軽石が沖縄近海に流れ込んでいる問題で、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)や県文化観光スポーツ部は25日、観光業への影響を把握するため、確認作業や情報収集に追われた。