衆院選比例代表の九州ブロックで政党支持率を見ると、自民が36%でトップ。立民は8%、公明4%、共産2%と続き、維新、国民、れいわ、社民が1%だった。選挙の動向を左右するとされる無党派層は、46%に上った。  無党派層は「支持政党なし」(26%)と「答えない・分からない」(20%)の合計。