【ワシントン共同】米バイオテクノロジー企業モデルナは25日、同社製の新型コロナウイルスワクチンを6~11歳に接種する臨床試験(治験)で、有効性が期待できる強い免疫反応と安全性が確認されたと発表した。結果は米国や欧州などの規制当局に提出し、対象年齢の拡大を目指す。

 米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの瓶

 同社製ワクチンは日本では12歳以上が対象。米国では18歳以上に使われているほか、65歳以上の人などに対する追加接種が推奨されている。

 治験には約4800人が参加。上の年代の半量を2回接種し1カ月後に抗体の状況を調べた。接種後に倦怠感や頭痛、発熱などがみられたが、大半は軽度から中等度だったとした。(共同通信)