社会課題を自らの問題として捉え判断する力を養う主権者教育。その重要性は18歳選挙権が導入された2016年から急速に高まり、なじみの薄い親世代も少なくない。家庭で肩肘張らずに政治や選挙を考えるにはどんな方法があるのか。