沖縄振興開発金融公庫は27日、微生物で分解される生分解性プラスチックを開発するワールド・リンク(沖縄県うるま市、大山尊司社長)に自己資本とみなすことができる資本性ローンで2千万円を融資したと発表した。