沖縄県商工会議所連合会(会長・石嶺伝一郎那覇商工会議所会頭)は28日、子どもが県内の仕事を体験できる「Out of KidZania(アウトオブキッザニア) in おきなわ」を12月11日(土)と12日(日)の両日、沖縄市の沖縄アリーナで開催すると発表した。

「Out of KidZania in おきなわ」の開催を発表した県商工会議所連合会の石嶺伝一郎会長(中央)ら=28日午前、那覇市

 警察や消防、運輸・交通、金融機関、マスコミなど県内27の企業・団体などが29種類の職業体験プログラムを提供する。体験後は各事業者が給与明細を発行。専用通貨「ちゅら」と交換し、買い物も体験できる。

 対象は小学1年生~中学3年生で、参加費は1プログラムあたり500円。抽選で参加者を決める。30日~11月15日まで専用ウェブサイトで応募を受け付け、同20日頃に当選者にメールで通知する。

 28日、那覇市内であった記者発表会で石嶺会頭は「身近なものから日ごろ見ることができない業種まで、多彩で魅力的なお仕事体験プログラムを用意している。子どもたちがワクワクする楽しいイベントとなるよう全力で取り組みたい」と応募を呼び掛けた。