強い台風20号の影響で28日の小笠原諸島では強い風が吹き、台風周辺の発達した雨雲がかかって非常に激しい雨が降った。台風通過後の29日も周辺海域は波が高くなるため、気象庁は警戒を呼び掛けている。

 台風は28日午後9時現在、父島の南南東約100キロを時速約30キロで北北東へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで中心から半径165キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。(共同通信)