沖縄県国頭村の辺土名漁港を埋めた軽石の下で、2~6センチほどの小魚が大量に泳いでいる。漁師も「港内はこの魚ばかり。これまでなかった光景だ」と驚く。 魚の生態に詳しい琉球大学の立原一憲教授(魚類学)によると、小魚は世界の温帯から熱帯の海に広く分布するアミモンガラの稚魚。