自国民への接種を優先してワクチンを備蓄する「ワクチンナショナリズム」が広がると、ワクチン不足の国で新型コロナウイルスの流行が続いて新たな変異株が出現しやすくなるとの分析を、米プリンストン大の研究チームがまとめた。  備蓄国と不足国をモデル化してシミュレーション。