今週の東京株式市場は、衆院選の結果や本格化している企業の9月中間決算発表に注目が集まる。日経平均株価(225種)は節目の2万9000円を軸に、衆院選の結果次第で変動幅が大きくなる展開が予想される。  前週は荒い値動きだった。