凶行の背景を探ると、個々の小さな心の闇があぶり出され、やがて折り重なっていく。光がない無機質な主演陣の目に、ぞっとさせられる。 約1年前、エリートサラリーマンの夫と美しい妻、娘の3人が自宅で刺殺される悲劇が起きる。週刊誌記者の田中(妻夫木聡)は、この未解決事件を再び追い始める。