小笠原諸島「福徳岡ノ場」の8月の海底火山噴火で生じた軽石が、10月になって千キロ以上離れた鹿児島県や沖縄県の島々に漂着し、漁業や観光などに大きな被害が出ている。海流に運ばれた軽石は高知沖でも確認され、今月末には関東地方の沖に到達するとの予測も。関係機関は警戒を強めている。

 福徳岡ノ場が噴火したのは8月中旬。軽石は10月上旬に沖縄県の南北の大東島に漂着し、その後本島全域で確認されるようになった。

 海洋研究開発機構のチームは、海流の動きを再現するモデルを活用し、スーパーコンピューターで軽石の動きを予測。黒潮に乗って北上し、11月下旬には関東地方沖に到達するとの結果が出た。

 今後、各地に漂着する恐れがある軽石に関し、国土交通省は...