沖縄署は2日、同署地域課の20代の巡査部長がデジタルカメラ1台と内蔵するSDカード1枚を紛失したと発表した。通報を受けて駆け付けた現場で撮影した一般男性の画像データ3枚が保存されていた。同署の警察官が3日午後3時20分ごろ、沖縄市内でカメラを発見した。個人情報の流出は確認されていない。

(資料写真)パトカー

 署によると、2日午前5時40分ごろ、沖縄市内で口論の通報を受けた巡査部長が現場から署に戻る際、カメラをパトカーのボンネットの上に置いたことを忘れてパトカーを発進させた。

 巡査部長は午前10時すぎ、引き継ぎの際に紛失に気付いた。発覚後、署は男性に謝罪した。新垣健一郎副署長は「個人情報が入ったカメラの紛失は誠に遺憾。再発防止に努める」とコメントした。