沖縄県那覇市具志のゲーム喫茶店で昨年5月に従業員の男女2人が刃物で切り付けられ死傷した事件で、強盗殺人と強盗殺人未遂の両罪に問われた土木作業員の男(51)=糸満市=の裁判員裁判の論告求刑公判が4日、那覇地裁(大橋弘治裁判長)であった。検察側は「危険かつ執拗な犯行」などとし、無期懲役を求刑。被害者それぞれの弁護士2人は被害者参加制度に基づき意見を述べ、いずれも死刑を求めた。判決は12日。

那覇地裁

弁護側は、被告に殺意は無く強盗致死罪と強盗傷人罪の成立にとどまるとして懲役20年が相当だとし、強盗殺人罪などが成立するとしても自首などを考慮して懲役30年の有期懲役に処すべきと主張した。

起訴状によると、被告は昨年5月25日午前6時過ぎ、女性従業員=当時47歳=の首にカッターナイフを突き付け脅し、男性従業員=当時33歳=とともに店の現金が入った財布2個をカウンターに置かせ、2人の首などを切り付けたとされる。被害男性は重傷を負い、被害女性は失血死した。

裁判では、殺意の有無のほか、自首が成立するかも争点。被告は事件翌朝に出頭したが、検察側は、事件直後から犯人の可能性が高いと警察が把握していたとして「自首は成立しない」とし、弁護側は犯人が誰かは判明していなかったとして「成立する」としている。