沖縄現代史研究の第一人者が、これまでの著作とは一転して、個人史を中心に沖縄との出会いと関係を綴(つづ)る。 著者の出身地は東京。ヤマトで生まれ育った「沖縄人二世」の僕と出自が似ているだけに、自分の過去と何度も重ね合わせながら熟読させてもらった。