神戸市北区で2017年7月、祖父母や近隣住民ら5人を殺傷したとして殺人や殺人未遂などの罪に問われた無職の男性被告(30)の裁判員裁判の判決で神戸地裁(飯島健太郎裁判長)は4日、「被告は統合失調症の圧倒的な影響下で心神喪失状態だった疑いがある」として無罪を言い渡した。求刑は無期懲役だった。