新型コロナウイルス禍で不要不急の外出をしたことなどを理由に、プロ野球の千葉ロッテマリーンズから契約を解除された清田育宏選手(35)が「処分は違法で無効」として、球団選手としての地位確認や計約9700万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことが分かった。