玉城デニー知事は5日午前の定例記者会見で、小笠原諸島の海底火山の噴火で県内に漂着している軽石を県が分析した結果、カドミウムや鉛などの有害金属成分は全て環境基準値以下だったと明らかにした。分析したのは、環境省が土壌環境基準項目として定める9種。10月21日に読谷村の長浜ビーチで軽石を採取し、分析は県衛生環境研究所が行った。

(関連)「島に帰れない」修学旅行生ら足止め

 一方、知事は県内広域に漂着している全ての軽石の分析結果を示すものではないと強調、引き続き他地域でも有害物質の状況について分析を進める考えを示した。国へ分析を依頼していることも明かした。

 また、県管理の9港湾で軽石により船舶航行に支障が出るなど被害が生じていると説明。これまでに軽石の除去作業に...