外来種問題を考えるシンポジウム(主催・日本自然保護協会、世界自然保護基金ジャパン)が25日、東京都内であり、米軍基地建設や軍事訓練、観光などに起因する問題点が報告された。豊かな固有種を守るため、早期の対策方針の決定や知識の普及などに取り組むよう提案された。