玉城デニー知事は5日の定例記者会見で、県の外来種対策強化のため「外来種対策・生物多様性推進プロジェクトチーム(PT)」(仮称)を新たに県庁内に設置すると発表した。本年度は継続して駆除しているニホンイタチやインドクジャク、グリーンアノールなどに加え、県内で生息域が拡大しているタイワンハブの駆除に着手する。

 今年7月に沖縄・奄美の世界自然遺産登録後、外来種対策が課...