【クリッシー悦子通信員】シカゴ沖縄県人会会員で、県が認証するウチナー民間大使のサンドラ・郁子・ニコラスさんは8月28日、シカゴ市内のプレズビテリアン教会で沖縄の伝統食文化を紹介する催しを開き、ラフテーや月桃の葉で包んだ餅のカーサムーチー、ゴーヤーチャンプルー、ゴーヤーつくだ煮の4点を紹介した。