沖縄県のうるま市教育委員会は8日、貝塚時代としては沖縄最古となる、約1万~9千年前の人骨が市与那城屋慶名の藪地島にある藪地洞穴遺跡で出土したと発表した。市文化財課の横尾昌樹主任主事は「これまで分からなかった、旧石器人と貝塚人の間の『空白の時代』に見つかった初の人骨で、貴重な資料。二つの時代をつなぐ手掛かりになる」と期待した。

 発見された人骨は、...