あと一つ勝ち切れなかった。勝てばセンバツ出場が近づく準々決勝で、興南は大島に0-3の完封負けを喫した。我喜屋優監督は「何年も春の甲子園に出ていない。ここで出場を決めたかった」と悔しさをにじませた。 相手エースは、雨天引き分けと再試合の初戦2試合で計28三振を奪った左腕の大野。