【北中城】村喜舎場区の創建者といわれる「喜舎場公」の遺徳をしのび、功績をたたえる例大祭が10月24日開かれ、渡口正直自治会長や子どもたちがドラ鐘、太鼓を打ちながら公民館から集落北東部約400メートルの森の中腹にある「喜舎場公」の墓まで道ジュネー。喜舎場公の遺徳をしのんだ。