[法務・税務の専門家がもめない相続教えます](17)

 相続の相談をしたい時、相談先に誰を思い浮かべるだろうか。税理士? 司法書士? 弁護士? 役所?

 弁護士として多くの相談を受けているが、実は相続は複数の分野が複雑に絡み合うため、得意分野の異なる他業種の協力が必要となることが多い。法律はもちろん、税金の知識、財産価値の正しい見極めや将来的の予測も必要だ。

 当コラムは、私が共同代表を務める相続の専門家グループがリレー方式で執筆しているが、どの情報も相続では重要だと言える。

 実は、士業の中に相続に本当に詳しい方はひと握りしかいない。相続と異なり、借金、離婚、交通事故等比較的日常的な案件は注力しなくても受任でき、それらが忙しいからなのかもしれない。特に、生前の対策、家族をもめさせない対策に力を入れている方と出会うことはとても少ない。

 さて、せっかくなので相続に詳しい専門家の見分け方をお伝えしよう。...