大学卒業後の約10年間、「独居老人」に弁当を届けるアルバイトをしていた写真家の福島あつしさん。初の作品集「ぼくは独り暮らしの老人の家に弁当を運ぶ」(青幻舎)のページを繰るごとに伝わるのは、老いの中に...