[ニュース断面]

 松川正則宜野湾市長(沖縄県)が12日、岸田文雄首相と初めて面会した。10月に要請活動で上京した玉城デニー知事も首相との面会を申し入れたが実現せず、現在も調整が続く。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を容認する市長への「手厚い対応」(政府関係者)は、県政への「冷遇」を続ける政府・与党の思惑や、今後の選挙に向けた地ならしの狙いも透ける。

 「宜野湾市の状況などを説明し、政治的な話もした」。岸田首相との面会を終えた松川市長は官邸で、記者団の質問にこう答えた。国政与党の県関係議員が増えた衆院選や来年の知事選などにも話が広がり、首相に...