陸上自衛隊の宮古島への弾薬搬入に関し、沖縄県の玉城デニー知事は15日午前、容認していないと県庁で記者団に説明した。14日に「自衛隊は宮古島市と協議し、事前に情報を共有して搬入準備を進めたと承知している」とコメントしていた。

宮古島市への弾薬搬入に関して、容認していないと説明する玉城デニー知事=15日朝、県庁

 知事はコメントに関し「容認という前提ではない。スケジュール、配備計画ありきで進めているというのは遺憾だ」と強調した。

 抗議する市民を県警が強制排除したことには「公権力に排除される住民の方々のことを思うと胸が痛むのは、県民誰でもそうだと思う」と指摘。「国は国防の政策だからと言って強引にやるべきではない。そこは重視してもらわないと、我々も認めるわけにはいかない」とした。

【関連】弾薬を積んだトラック、列をなし市街地に 抗議の市民を警察が排除

【関連】「宮古島を戦争に巻き込むな」力ずくの弾薬搬入に怒る市民