沖縄県宮古島市の陸上自衛隊「保良訓練場」への弾薬搬入に関し、玉城デニー知事は15日、容認していないとの考えを示した。県庁で記者団に答えた。14日の搬入を受けて出したコメントでは「自衛隊は宮古島市と協議し、事前に情報を共有して搬入準備を進めたと承知している」という認識にとどめ、立場を明確にしていなかった。

 知事は、自衛隊の島しょ配備に関しコメントで「引き続き、地元の理解と協力が得られるよう丁寧な説明や、地元の安心・安全への十分な配慮を求める」と要求している点を挙げ、容認が前提ではないと強調。地元住民らの反対がある中、「配備計画ありきで進めているのは遺憾だ」と述べた。

 搬入に抗議する住民らを県警が強制排除したことには「公権力に排除される方々のことを思うと胸が痛むのは、県民誰でもそうだと思う」と指摘。「国は、国防の政策だからと言って強引にやるべきではない。そこは重視してもらわないと、われわれも認めるわけにはいかない」と述べた。

 宮古島への陸上自衛隊の弾薬搬入に関し、玉城デニー知事は15日、容認していないと強調し、容認と取られかねない14日のコメントを釈明した。知事の支持層にはミサイル部隊の配備反対が根強い。配備自体に根本から反対していない知事の政治姿勢に不信が膨らむ前に火消しを図った格好だ。配備を巡り県政与党の「オール沖縄」勢力にも立場に違いがあり、知事は難しいかじ取りを迫られている。

 知事は...