琉大医学部と同大病院(いずれも西原町)の移転工事が進む沖縄県宜野湾市の米軍キャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区跡地で15日までに、琉球王府が整備した宿道(しゅくみち)である中頭方西海道の一部(「歴史の道」)と、王府が田畑の測量などの際に設置した「印部(しるべ)土手石」が見つかった。