ページをぱらぱらとめくってみた人は、きっと驚くだろう。ところどころ文章が逆さに印刷された本を目にすることはめったにない。