悔しい。あー悔しい。沖縄SVのJFL昇格への3度目の挑戦となる地域サッカーチャンピオンズリーグ1次ラウンドが12日から3日間行われました。

FC琉球-千葉 後半31分、2-2の同点となるヘディングシュートを決め、雄たけびを上げる琉球のDF金井貢史(右)=タピック県総ひやごんスタジアム(小宮健撮影)

 初戦はFC.ISE-SHIMAに0-0で引き分け。2戦目は元日本代表FW我那覇和樹率いる福井ユナイテッドFCにアディショナルタイムに追いつかれての1-1で引き分け。

 後がなくなった3戦目の藤枝市役所戦は4点差以上で勝たないと突破できない厳しい状況の中、アディショナルタイムに劇的ゴールが生まれ4-0で勝利。しかし別試合の結果、グループ2位となり3年連続1次ラウンド敗退。残念ながら沖縄SVの今シーズンが終了しました。

 すぐに切り替えて来シーズンこそという気持ちにはなれないかもしれないですが、しっかり休んでまた来シーズン九州リーグ優勝して地域チャンピオンズリーグに4度目の挑戦、そしてJFL昇格を期待します!

 そして個人的には福井に所属している我那覇選手の加入を期待します! 沖縄SVのJFL昇格に足りないピースはうちなんちゅストライカーです! FC琉球に所属していた時のように沖縄でプレーする姿をまた見たいです!

 どれくらいまた見たいのかを分かりやすく、流星で例えると2001年のしし座流星群大出現の時くらいまた見たいです。みなさん覚えてますか。5分間に約250個の流れ星が観測された2001年のしし座流星群。

 中学1年だった僕はゲームに夢中で翌日のニュースで映像を見て後悔した記憶があります。そんなしし座流星群くらい我那覇選手が沖縄でプレーする姿をまた見たいです。ちなみに次のしし座流星群大出現は2034年ごろの予定です。

 そしてFC琉球はホームで小禄のスーパースター元日本代表のMF田口泰士率いるジェフユナイテッド千葉と対戦し、先制するも逆転を許す苦しい展開の中、後半31分にDF金井貢史のゴールが決まり2-2の引き分け。

 順位は変わらず8位ですが、残り3試合で5位まで浮上できる可能性はあります。現時点で過去最高の成績を残している琉球ですができるだけ勝ち点を積み上げて良い形で今シーズンを締めくくりましょう!

 ホームは残り1試合です。みんなでスタジアムに足を運び最後まで選手たちを後押ししましょう! ひぃー(最後まで琉球進撃)

○    ○

 ぎぼっくす(本名宜保貴洋=ぎぼ・たかひろ)。1988年生まれ。178センチ、130キロ。沖縄YMCA SC-首里中-首里東高-山川PFC-FEC。新スポーツのヘディス九州王者。ツイッターのアカウントは@gibox918