沖縄県のうるま市消防本部は10月25日、今年8月に発生したうるま市高江洲の共同住宅火災から就寝中の住民を救助したとして、同市の仲里司さん(41)、南風原卓也さん(34)、福原一起さん(28)に感謝状を贈った。

感謝状を受けた(前列左から)福原一起さん、南風原卓也さん、仲里司さん=10月25日、うるま市消防本部

 8月17日午後10時すぎ、共同住宅の3階で火災報知機が鳴り、仲里さんは現場へ向かった。部屋は鍵が掛かっており、ノックしたが応答がなかった。その隣の部屋の南風原さんと妻が持参した消火器を受け取った仲里さんは、ベランダに入り消火器でガラスを割って部屋に入った。同じ共同住宅に住む福原さんも駆け付けて、住民を外へ出して消防へ引き継いだ。

 仲里さんは100メートルほど離れた別の共同住宅に住んでおり、「最近、水難事故や車両事故に遭遇して対応した経験が生きたかもしれない」と話した。

 新垣隆市消防長は「3人の連携プレーで住民が救助された。消防が現場に到着するまでの処置が良かった。これからもご協力をお願いします」と感謝した。

 3人は感謝状を手に、「3人が連携して救助できて良かった。近くに住んでいながら知り合いでもなかったが、この機会にあいさつできる仲になりました」と顔を見合わせた。(与古田徳造通信員)