沖縄への修学旅行が今年で連続34回目となる京都女子高等学校(林信康校長)の2年生150人が15日、沖縄県恩納村名嘉真の宿泊先に到着し、ホテルのスタッフから歓迎を受けた。第2陣の150人も16日には到着し、それぞれ3泊4日の日程で自然体験や平和学習に臨む。