【東京】自民党の茂木敏充幹事長は17日に出演したTBSの情報番組「ひるおび!」で、自民候補が県内の衆院選4選挙区のうち2選挙区で「オール沖縄」勢力の候補者に勝利したことに触れ「(オール沖縄は)求心力を失っている」と述べた。茂木氏は16日の記者会見でも来年の名護市長選などに言及。沖縄の選挙を巡り発言を強めている。

茂木敏充氏

 茂木氏は番組で、自民が2勝したことについて「沖縄は今まで逆風の選挙を戦ってきたが、今回は逆風ではなかったと思う」と説明。「オール沖縄という勢力が一時、圧倒的に強かったが、求心力を失ってきている中で、自民にとっても自力で戦えた部分がある」との見解を示した。

 茂木氏は16日の記者会見で、同日に開かれた党役員会の際、来年に控える名護市長選や知事選など県内の各主要選挙に関し、保守系候補の勝利に向けて「準備を加速したいと申し上げた」と明らかにした。