沖縄の各種産業の課題解決策を提案するIT見本市「リゾテックエキスポ2021」が18日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開幕した。19日まで。「明日への架け橋~グレートリカバリー(大回復)に向けて」をテーマに60以上の企業・団体が参加し、AI(人工知能)やVR(仮想現実)など最新技術を駆使したサービスをアピールした。会場では、各社のパンフレットを非接触でQRコードから取得できるサービスなどもそろえ、コロナ下のイベントの在り方も提案した。

 優れた技術や製品、サービスを表彰する「リゾテックアワード2021」が発表され、韓国系IT企業のアーバンベース(東京)が総合グランプリに輝いた。

 同社は、...