ホテル業を手掛けるパームロイヤル(高倉幸一社長)が、那覇市久茂地の一銀通り沿いに高級リゾートホテルの建設を計画している。地上12階建ての全86室。今月着工し、2023年夏の開業を目指す。

パームロイヤルが建設する新ホテルの外観イメージ(提供)

新ホテルの建設予定地

パームロイヤルが建設する新ホテルの外観イメージ(提供) 新ホテルの建設予定地

 富裕層をターゲットに1室45平方メートルの客室の広さがスタンダード。ファミリー層やワーケーションにも対応する。ホテルの敷地面積は2007平方メートルで、建築面積は8444平方メートルを想定。運営は「Plan・Do・See」(東京都)が担う。

 年間を通して利用できるプールやジェットバスを備える。レストランは、和食や洋食、鉄板焼きなど幅広くそろえ、県民の利用も促す。1泊の平均宿泊価格は1室4万5千円を想定している。

 高倉社長は「2年後にはインバウンドも含めて観光需要が回復すると見越して、那覇市内でリゾートライフを楽しめる新しいタイプの滞在型ホテルを目指していきたい」と話した。