南島酒販(西原町、大岩健太郎社長)は、泡盛に漬けたハブエキスとハーブエキスをブレンドしたリキュール「Double H(ダブル エイチ ハブ&ハーブ)」を県内で販売している。

南島酒販が販売している「Double H(ハブ&ハーブ)」

ハブ酒と13種類のハーブエキスをブレンドしたリキュール「Double H(ハブ&ハーブ)」をPRする南島酒販の大岩健太郎社長(左)と田原宏章執行役員営業本部長=19日、沖縄タイムス社

南島酒販が販売している「Double H(ハブ&ハーブ)」 ハブ酒と13種類のハーブエキスをブレンドしたリキュール「Double H(ハブ&ハーブ)」をPRする南島酒販の大岩健太郎社長(左)と田原宏章執行役員営業本部長=19日、沖縄タイムス社

 南都の南都酒造所と共同開発。世界的に薬草系のリキュールが流行していることから、若者やナイトクラブなどの市場、土産品などとして販売を強化する。

 県産のウコンやクミスクチンのほか、ナツメやクコシなど13種類のハーブを泡盛に漬け込み、別で泡盛に漬け込んだハブのエキスとブレンドした。爽やかな香りが特徴の30度のリキュールで、カクテルやショットでも楽しめる。

 県内の飲食店や量販店で販売。12月には全国へ流通させ、今後は海外輸出も目指す。750ミリリットルで、希望小売価格は2970円。大岩社長らが19日、沖縄タイムス社を訪れて「キャッチフレーズはLet’s be crazy(楽しもう)。ワイワイと楽しく飲んでほしい」と話した。