文部科学省は22日、自殺や不登校につながるいじめの重大事態に関する調査で同省の指針に沿わない事例が相次いでいるとして、都道府県と政令市の教育委員会の調査手法を検証するアンケートを実施すると明らかにした。