米大リーグのア・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いたエンゼルスの大谷翔平選手(27)が政府から国民栄誉賞を打診され、辞退していたことが22日、分かった。松野博一官房長官が記者会見で明らかにした。大谷選手側は「まだ早いので今回は辞退させていただきたい」と回答した。