オリックスは5―5の九回に代打ジョーンズの勝ち越しソロで競り勝った。継投が決まらず八回に3点差を追い付かれる苦しい展開だったが、代打の切り札が一振りでチームを救った。最後はシリーズ初登板の平野佳が締めた。

 9回オリックス無死、代打ジョーンズが左越えに勝ち越しソロを放つ。捕手中村=東京ドーム

 ヤクルトは八回に制球難のヒギンスを攻め山田の3ランで同点としたが、マクガフが一発に沈んだ。(共同通信)